米民コラム

米津玄師「かいじゅうずかん」の復刻版・新装版の予約方法!在庫・売り切れ状況は?

ライター:chikako.m 40代女性
米民歴:1年

 

再販・重版の発売日と予約方法

再販・重版の発売日

  • 2019年8月予定(正確な日時はまだ未発表)

 

米津玄師さんの初の単行本で、2016年12月10日に初版が発売された『かいじゅうずかん』(ロッキング・オン)は、長い間、品切れ状態が続いていました。

『かいじゅうずかん』は、米津玄師さんが『ROCKIN’ON  JAPAN』で、2013年8月号から2015年12月号までの連載をまとめて、書籍化した、B5変形の88ページからなる単行本です。

「かいじゅう」のイラストと共に、かいじゅうの生態の説明からなる連載で、連載で発表された28体のかいじゅうに、単行本には新たに13体のかいじゅうを描き下ろして、合計41体のかいじゅうが掲載されています。

この、長い間欠品状態が続いていた『かいじゅうずかん』が、2019年6月28日に、ロッキング・オンの公式サイトと米津玄師オフィシャルサイトにて、2019年8月を予定として、復刻版と新装版の2形態で、発売が予定されていることが発表されました。

米津玄師「かいじゅうずかん」復刻版と新装版の違いを米民が解説!ライター:ヒロ 30代主婦 米民歴:半年 米津玄師さんが音楽雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」で2013年8月号から...

 

予約方法について

予約開始日は?

  • 2019年6月28日現在:予約受付中(発売は8月)

 

引用:米津玄師 ONLINE STORE

 

予約方法は、2019年6月28日より「米津玄師 ONLINE STORE」で予約の受付を開始し、2019年6月29日より、全国の書店での予約の受付を開始します。

それ以外で発売されているものは転売屋の可能性があり、高額販売や粗悪品・詐欺の可能性がありますので要注意です。

 

店舗での販売はある?

再販・重版の発売日

  • 店舗での販売については、公式には発表されていません。

 

初版の重版時に、予約段階での売り切れもあり、再入荷の形で大手書店で店頭に並ぶことはありました。

復刻版は、印刷技術の難しさと、印刷用紙の価格高騰という背景のために、初版の価格は4,644円(税込)でしたが、復刻版は8,640円(税込)と2倍近い価格にならざるを得ず、今回の決まった部数のみの販売での終了が発表されており、予約段階での売り切れになることが予想されます。

新装版は、2,700円(税込)のお手頃価格で、初版や復刻版のカード形式ではなく、ファン待望の「本」の形式で発売されることもあり、安定した部数の発行が予想されます。

発売時期とそう変わらない時期での、書店の店頭での販売が予想されます。

 

在庫・売り切れ状況について

在庫・売り切れ予想

  • 復刻版:予約の段階で売り切れる可能性が非常に高い
  • 新装版:比較的 購入しやすいと予想されます(安定供給)

 

2019年6月28日の17時に、『かいじゅうずかん』の復刻版と新装版の発売が8月に予定されていると、ロッキング・オンの公式サイトと米津玄師オフィシャルサイトにて発表され、米津玄師さんはツイッターでロッキング・オンの発表をリツイートしました。

初版時の販売状況を考えてみると予想されるのは、復刻版は予約段階での売り切れになることが濃厚でしょう。

新装版の方は、安定した供給が見込まれ、予約の受付は可能な状態が続くことが予想され、発売後も重版されていくものと予想されます。

 

「かいじゅうずかん」の限定セット

引用:米津玄師 ONLINE STORE

 

「米津玄師ONLINE STORE」では、復刻版と新装版の他に、『かいじゅうずかん/復刻版 限定セット』10,000円(税込)と、『かいじゅうずかん/新装版 限定セット』5,000円(税込)の予約も出来ます。

限定セットは、『かいじゅうずかん』単行本の復刻版・新装版に、選べる5種類のかいじゅうのフィギュアの中の1体がセットになっており、単品でそれぞれを購入するよりお買い得な価格で購入出来ます。

2019年6月28日の17時43分時点で、5種類のフィギュアのうちの2種類だけ、「リトルキング/RED」と「リトルキング/BLUE」は、既に「在庫確認中」になっており、予約出来ない状況になっています。

通常、単品で2,500円(税込)で販売されている、フィギュアの「リトルキング/RED」と「リトルキング/BLUE」も、「在庫確認中」となっています。

あとの3種類のフィギュアセット、「消息通知人」「子連れ毛玉」「骨門番」は、2019年6月29日の7時24分現在、予約可能になっています。

限定セットをご希望する方は、早めの予約をした方が賢明でしょう。

 

まぼろしの楽曲「love」

『かいじゅうずかん』の初版に添付されていた楽曲『love』のCDも、今回の復刻版と新装版共に、CDがついています。

『love』は、「米津玄師 2016 TOUR/はうる」のツアー最終日、2016年12月8日に、Zepp Tokyoで、パフォーマンスが披露されました。

このツアー最終日には、『かいじゅうずかん』が1,000部、先行発売されました。

ですが、楽曲の『love』は、『かいじゅうずかん』を手に入れた方のみが聴くことが出来て、その他のファンは、米津玄師さんのツイッターで、40秒間の歌唱のみを聴くことが出来ます。

その他には、YouTubeで、一般の方がカバーした『love』を聴くことが出来るだけで、米津玄師さんが歌う『love』は、まぼろしの楽曲になっていました。

今回、この『love』のCDを心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。

 

米津玄師「love」歌詞全文

歌手・作詞・作曲:米津玄師

 

夜明けの隨に この声を
忘れないでと 海に放した
幾千もの光が 流れていく
風を受けては 果てへと向かう

どんなに遠く離れたとしても
ずっと深く傷ついたとしても
もう二度と会えないんだとしても
思い出せなくなってしまっても

繰り返し僕らは 海へ叫ぶ
暗い孤独を 歩いていく

永遠に生きれないとしても
いつかは嫌われたとしても
誰も悪くなかったとしても
痛みが消えないんだとしても

 

 

どんなに遠く離れたとしても
ずっと深く傷ついたとしても
もう二度と会えないんだとしても
思い出せなくなってしまっても

永遠に生きれないとしても
いつかは嫌われたとしても
誰も悪くなかったとしても
痛みが消えないんだとしても

 

 

米津玄師「love」歌詞と異なる歌い方

米津玄師さんの『love』の歌詞では、上記のようになっていますが、実際には、米津玄師さんは、歌詞と異なる歌い方をしているところがあります。

 

繰り返し僕らは 海へ叫ぶ
暗い孤独を 歩いていく

 

 

この部分は、「繰り返し」のあとに、「返し」を9回、「暗い孤独」の「暗い」のあとに、「暗い」を9回、それぞれを連続して強調して歌っています。

 

つまり、実際には以下のように歌っています。

繰り返し、返し、返し、返し、返し、返し、返し、返し、返し、返し、僕らは 海へ叫ぶ
暗い、暗い、暗い、暗い、暗い、暗い、暗い、暗い、暗い、暗い孤独を 歩いていく

 

そして、以下の「痛みが消えないんだとしても」のあとに、長い間奏があります。

 

永遠に生きれないとしても
いつかは嫌われたとしても
誰も悪くなかったとしても
痛みが消えないんだとしても

 

 

この間奏では、歌詞にはない、米津玄師さんの愛へのメッセージのような歌声が聴こえます。

『love』は、『かいじゅうずかん』のために製作された楽曲です。

まだ、『love』を実際に聴くことが出来ない方達のために、『love』については、8月の再販を楽しみに待つために、ここまでの記載にします。

米津玄師さんは、『love』で何を伝えているのか、まずは、ひとりひとりで感じ取ってみましょう。

米津玄師「かいじゅうずかん」復刻版と新装版の違いを米民が解説!ライター:ヒロ 30代主婦 米民歴:半年 米津玄師さんが音楽雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」で2013年8月号から...